受講した学生の声

3年生 Kさん

自分自身の性格を理解して終わりだと思っていたが、そこから派生して人との違い、人と違うからこそ、どのようなことが成し遂げられるのかということを知ることができた。

私は教員を目指しているのですが、チーム学校の一員としてそれぞれの違いを認め合っていくことが、将来必要になってくるのかなと思った。

何をするにしても大勢の人がいたら楽しいし、生産性が上がるし、コントロールすることで、可能性はとても広がると思う。

そのためには自分がどんな思考のタイプかによって活きる場所は違うだろうし、互いにわかり合っていれば人間関係に悩まなくてもいいのかなと思う。

教育現場にも取り入れていけたら子どもが持つ可能性を最大限に活かせるんだろうなと思った。